コストを抑えたいなら納骨堂が俄然お勧め!

賢くお墓を探す方法

情報サイトを活用して、予算や宗派などで神奈川の霊園情報を絞り込むのが、ニーズに合ったお墓を探すテクニックです。アクセスを重視してお墓を探すことも重要ですが、ペットと一緒に入れる点や、いつまでも供養してもらえる点にもこだわるのが賢い方法です。

新しいタイプの埋葬施設

お墓

都市部でお墓が確保できる

都市部では一戸建て住宅を購入することが難しく、マイホームの実現手段は分譲マンションが主流になっています。実は、埋葬の世界でも同様なことが起こっています。それが、納骨堂の普及です。納骨堂は、1つの建物の中に複数の遺骨が納められる埋葬施設です。墓地不足の傾向がある都市部に多く見られ、寺社または霊園事業者などが運営主体となっています。タイプはさまざまですが、ポピュラーなのは建物内にロッカー式の納骨スペースが並べられているというものです。見た目はまさに「お墓のマンション」といった趣があります。その他、普段は閉架の中に納められているが、法要などを行う際にのみ表に運び出されるといったタイプもあります。納骨堂は原則として個人単位、つまり1つの骨壺に対して1区画という形で利用されます。施設によっては夫婦用のスペースを設けているところもあります。多くの納骨堂は、永代供養を前提として運営されています。これは、利用開始時に供養料・管理料・その他戒名料などを払い込むと、管理者が永代にわたって供養を行ってくれるというシステムです。通常は30〜50年程度で納骨堂から共同墓に移されますが、それでも彼岸やお盆には供養してもらえます。こうした仕組みを持つことから、納骨堂は子供のない人や子供はあっても遠方に生活拠点を置いている人などの利用率が高くなっています。生前に自ら利用を申し込んでおくことも可能です。少子化・核家族化の進む現代を反映した供養のスタイルであると言えます。

寺院に供養してもらう

京都で永代供養を選ぶときのポイントは、自宅から近く交通アクセスの良い場所にある、墓地を選ぶことが大切になります。また永代供養の形式は寺院や霊園によって異なるため、どういった形式で供養や納骨が行われているか確認して選びましょう。

安心の供養を選ぶには

京都で永代供養を希望するときには、供養の方法や予算などを決めてから探し始めましょう。埋葬の方法にも多様性が出てきているので、利用方法についても条件に含めて探すと見つけやすくなります。受け入れ条件の指定についても確認しておきましょう。